外国人研修生を上手く活用していく重要な理由とメリット

Human resources

外国人研修生と仲良く仕事をする

ネットワーク(黄)

外国人研修生と日本人が仲良く仕事ができるのでしょうか。結論から言えばそれは双方の努力にかかっている、あるいは受け入れる気持ちがあるかどうかにかかっているといえるかもしれません。
言葉や考え方の壁というものがあり、最初はぎくしゃくしてしまうことがあるのもそれは仕方がないことです。外国人研修生というのは、学ぶ意欲はとてもありますが、コミュニケーションに問題があるために、どうしても全体を把握できなかったり、機転が利かなかったりしますので、企業としては優秀な会社の戦力になってもらうまでには時間が必要になります。その部分で辛抱強く待つことや丁寧に何度も教えていくということが必要になってくるのです。とはいえほとんどの日本人は職場に外国人がくるというのは歓迎するのではないでしょうか。自分が外国で一人で自分の言葉言語を誰も知らない人たちに囲まれて仕事をするとしたらどんな気持ちになるかということを考えて感情移入ができれば、優しく接することができるでしょう。
外国人と仲良くなるということは、自分を広げることができるということでもあり、友達になることで、一緒にその人とその国に海外旅行をするようなことさえできるかもしれません。そして会社に中に新しい風が吹くことは心地よい刺激になるでしょう。

HEADLINE

TOP